読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一般人という情報発信者が学ぶべきこと

ニコニコ動画はとは?名前の通りニコニコするためのものですよね。荒らしとか批判厨みたいな上から目線やろうとか、そうゆう人のコメントを見て馬鹿だなぁと思います。年代別に低年齢化は他を圧倒するでしょうな、ニコニコ動画

MAD削除の件は様々な意見でネット上を賑わせてますが、mixiのニュース日記の酷さといったら・・・

今日はちょっと強気な文面で書いてみます。

ニコニコ動画といえばMADしかない」
「アニメ本編削除が本格的になってニコニコは衰退した」
「ニコニコでMADって始まったんでしょ」
このように、どうみても幼稚で無知で自分勝手な意見が多い、mixi日記。 このような人たちは、最近のニコニコ動画はもうダメだと口を揃えて言います。実際はどうなのでしょう、数字的に見てみると有料であるプレミアム会員は20万人を突破しました。私がプレミアム会員だったころ、3ヶ月ほど前は15万人もいなかったのですが、確実に増えています。理由はそれなりの需要があるから。ニコニコは衰退したなどという意見はどうみても自己中心的な意見でしかありません、根拠にかけます。アホな意見とは得てしてこうゆうものを指すと私は思います。

そもそもの話、動画が見たいのであればyoutubeやveohやyoukuで見とけばいいわけです。当たり前となってしまったコメントという機能よりも動画そのものばかりを意識している人が多いのが、上記のような意見が出てしまう証拠だと私個人は思います。動画を見てニコニコするのはもちろんですが、それなら他の動画共有サイトでもできる。動画として面白くなくてもコメントがつくことでそれを面白いものに変えていく。テレビショッピングとかでのおばさんたちの感嘆SEみたいなもんです。現在ではニコスクリプトなどが使用できるようになって、さらに動画を楽しむ幅は広がっていくと思います。

ニコニコ動画は他の動画共有サイトとは違い、より身近なSNS的なものも含んでいると思います。昔のニコニコがよかったというのは、もともと2chなどのネット世界を経験している人たちで占められていたからです。「嘘を嘘と見抜ける人でないと掲示板を使うのは難しい」をわかっている人々だから、ネタに対して本気になってツッコミをする厨房とかとは違うわけです。面白いものを面白いとしてさらにそれを盛り上げていく。本気なコメントをしている人たちは、KYなんですよ。

ネットワーク社会におけるマナーや一般常識などを理解できていない人はネットをやらないほうがいいと思うわけです。ただ、青少年ネット規制法には賛成ですが、学校での情報教育をどうにかするべきかと。というか、こうした意見は今更言わなくても多くの人が言っているというのに、どうして何か明確な案がでないわけ?ワードやらエクセルなどは高校や大学で学ばせればいいだけじゃないか、小中で学ばせるべきことをしていないからアホな犯罪をする厨房が出てくるわけでしょ。まぁいつかどうにかしてくれるとは思うのでそれを願っておきましょう。