読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オタクは熱い人たち

「声が合っていない」ある作品をアニメ化するとき、原作ファンがよく漏らす発言です。

オタというのは、自分のイメージを壊されたくないのだろうと思うのです。もしくは、自分一人だけのものにしたいのかもしれないです。

私もオタではありますけど、一つの作品に固執することがないのでこうゆう感情は生まれません。自分の好きな作品がバカにされたら確かに寂しい気持ちにはなりますが、それはそれ。人それぞれ価値観は違うのだから仕方ないこと、と思うようにしています。といっても、価値観なんてものはいつでも変化するものですがね・・・

話を戻して、オタは独占欲が強いのではないかと思います。「○○は俺の嫁」ってのは、一種のネタと化しているところはありますけど、元々はそういった独占欲を示すものだったのではないか。三次元には目もくれず、誰にも邪魔されずに自分一人だけのものとして扱うことのできる二次元に陶酔する。オタは熱いぜ。