読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大学へ行く理由

私大入試が本格的になってきました。月末には国公立二次も待っています。受験生は最後の追い込みをしている頃でしょう。

唐突ですが、あなたの大学へ行く理由を教えてくれませんか?

「就職活動が有利になるから」
「サークルに入り友達を作って楽しみたいから」
「自分の興味のあることを勉強したいから」

全体の割合は上から順に、6:3:1くらいじゃないですかね。どうですか?

日本の大学なんてそんなもん、そんなところ。実際に講義に出てみましょう、面白いことが発見できます。例えば日東駒専レベルなんてどうでしょう、講義を真面目に聞いている学生は半数以下です。酷い講義では8割程度の学生は他のことをしています、私語、ケータイ、ゲームなどなど。早慶レベルでも同様、教室の後ろのほうに座る学生は講義を全く聞いていません。

そんなところ。どうでしょう、本当に腐ってますよね。これが日本の最高教育機関だそうです。情けなくて泣けてきます。もちろん、上記のようなことばかりではありません。真面目な学生が集まる講義もたくさんありますし、ゼミなどでは学生が本気で勉学に取り組む姿を垣間見ることができます。ですが、そうでない講義も多々あるということです。

とてもじゃないが最高教育機関とは言い難い。本当に勉強したい人はそれなりのレベルの大学に行きましょう。でないと勉強なんてできません。まぁこういうことは実際に体験してみないとわからんもんですがね。

レベルの高い大学=良い所と言いたいわけではありません。ただ、勉強できる環境というものも必要ですよってこと。

一生懸命頑張って、自分の納得のいく(妥協もある程度は必要)結果を出しましょう。受験での苦労は決して無駄にはなりませんから、今の時期にたくさんたくさん苦労しましょう。