読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイルランドのタバコ事情

タバコと僕

僕は昨年からタバコを吸い始めた身分(ということは20歳から吸い始めたわけで素晴らしく合法なのだ!自慢できるネタでもないけど)でして、日本にいる頃は大体1日1箱ペースで吸ってました。なんていうか、口が寂しくなるんですよねー。

ヨーロッパは喫煙者に厳しい地域、と僕は思ってたので「留学中は禁煙しよう!」と考えたわけです。そして僕はアイルランドに来たわけだ。

留学中は喫煙するのだ!

最初はもちろん禁煙できましたよ。でもね、他の何人かの語学学校の生徒がバシバシ吸ってて、当時はまだ友達も少なかったから「タバコはコミュニティを形成する」論に従って僕も吸い始めちゃったわけです。おかげで友達もたくさんできたし、全てはタバコのおかげ、なんだけども…。

というのも、アイルランドはタバコの価格が犯罪的に高くて、1箱8.50ユーロ前後という…日本円にすると約1000円…。瞬く間にお金がなくなりつつありますよ。もちろん吸う頻度はかなり減ってるのですけどね。それでも1週間に1箱ペース。

僕は禁煙します。決めた、禁煙する。友達もできたし、もう吸う必要はないのだ!日本に帰ったら…吸うかもだけど。

さて、ここでアイルランドのタバコ事情を少し。

アイルランド人と喫煙

アイルランドにおいて公共施設内は全て禁煙となってます。吸いたい場合は外に出て吸うべし。んなもんだから、路上喫煙者が街中を徘徊してるのだ。そしてポイ捨て。僕の住んでる街なんて本当にひどくて、吸殻だらけですよ。汚い国です。

アイルランドのたばこ価格がボッタクリレベルなのは先程書きましたが、そんなんだから少数のアイルランド人は非合法にタバコを購入しているという話もあります。というか事実らしい。タバコ価格がバカ高いのに喫煙者が多い理由もこれが一部にあるのではないかなぁと。

日本のタバコ価格について

日本もタバコ価格を将来的に1000円にするとかしないとか言ってますが、それは逆にやりすぎじゃないかなぁと。そんなことしたら日本もアイルランドと同様に非合法なタバコ売買が横行してしまう可能性が出てくると思うのです。ちなみに他欧州のタバコ価格は大体日本と同じ感じ。300〜500円くらいでいいのよ。

日本ではタバコに対するイメージが凄まじく下がっているわけで、価格をどうこうしなくても喫煙者をコントロールすることは社会的に可能だとも思うんですよ。まぁ喫煙者の僕が言うのもあれですけど。なかなか難しい問題ですね。