読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東北地方太平洋沖地震について

地震、津波等の被災者の皆様に心からお見舞い申し上げます。

昨日14時46分の本震発生以降、NHK等で情報収集をしています。時間が経つごとに死亡者、行方不明者の数が増えていき、悲しみで涙を流すことしかできません。また、NHKの名取市の津波映像には言葉を失いました。

2chTwitterはてなハイク等を並行して閲覧していましたが、不安を煽るような発言、不謹慎な発言が多く見られます。特にTwitterですが、ある種の陰謀論や差別発言などもありました。利用者数の多いTwitterは、被災地の方々の情報収集としても活用されていることだと思います。彼らがそうした発言を読み、どのようにそれを受け止めるか、今一度考えてください。

また、マスコミに対して報道しているだけではなにも変わらない、などといった批判発言も見られましたが、マスコミによって報道される情報が今どれだけ必要とされているか、考えてみてください。気持ちはわかりますが、現在、自衛隊などによって救助活動が必死に行われています。

しかし、民放等の不安を煽るような報道に関しては、私も怒りが込み上がってきます。原発関連のニュースについて、素人の私たちが語ることは被災地の方々をさらに不安にさせてしまいます。政府による正式発表以外、信用に足る情報はない、と意識してください。Twitterで、無闇に信憑性のない発言を公式ReTweetするなども、無駄に不安を煽るだけになります。

個人の情報発信が数年前に比べ敷居が低くなり、情報収集の幅は広がりましたが、それらの発言が他人にどのように捉えられるかについて考えてください。

最後に、これからさらに被災地の状態が明るみに出てくると思います。煽り情報などに踊らされないように、慎重にお願いします。