読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はてなハイクのオフ会に行ってみて気付いたこと

先月からバイトを始めました。が、あまりにも忙しすぎて最近はプログラミングも麻雀もしてねぇ…。そんなときに、はてなハイクで麻雀オフの告知があったのでちょろっと参加してきました。ハイクでのオフは初めて。

感想はというと、とてもとても楽しかったです。うん、まぁオフ会に行って楽しくなかったなんてことはなかったんですけどね。しかも、メインの麻雀では3回ほど半荘やって合計+57でトップ。オーラスで親っパネ逆転1位になったときは気持ち良かったです、はい。

んでんで、Twitterの時に経験したオフってのがタイマンオフとか、とにかく少人数だったわけですよ。合計で5回くらオフしましたが、そのうち4回が1対1。残りの1回も3人オフでしたし。そんな中、今回は最大で10人という(僕の経験的には)大規模オフだったわけですよ。直前はかなり不安でした…。

いやさ、Twitterだとフォロー・フォロワーの関係からのオフ会ってのが(僕の中では!)基本だったわけで。んでもって、リプライとか飛ばしまくってからのオフ会だったわけですよ。それが今回ついに打ち砕かれちゃったんだなこれが。

というのも、僕のはてなハイクの使い方ってのが本当にただの独り言の呟き、なんですよ。Twitterのときみたく、他人と絡もうとするための、ふぁぼられるための呟きという感じではないんですよ。だからはてなハイク上でのコミュニケーションの成立というのはありえなかったわけ。そもそもコミュニケーションを取るという意思を持っていなかったのだから。

だから今回のオフ会でお会いになった方々の事前情報はほぼゼロ。何にも知らないし、というかネット上で話したこともなかった方々。なんというか、例えば大学のサークルとかでとりあえず連絡網的な感じで女の子とアドレス交換するんだけど結局何もないまま終わる、みたいな。

でもさ、オフ会ってこういうものなのかもですね。今まで僕が経験していた2人だけのオフ会とかいうのが異常だったのかも…いや、そんなことはないのだけど。こういうのもアリなんでしょうね。いやはや、勉強になりました。

これからもいろいろとオフ会に参加してみようかなぁと思える良い経験でした。全く知らない人たちとお酒飲みながらトークするのって新鮮で楽しいですね。