読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らぬ間にニートになる未来が見えていた

4月以降の予定が決まっていません。旅行の予定とかそういうものではなく、就職、進学のどちらも決まっていないということです。このままでは実家に帰ることになると思います。つまり、フリーターかもしくはニート一歩ずつ近づいている。どうしてこうなった。

思えば大学生活を通していろいろな物事に興味関心を抱いたけど、どれも中途半端に勉強するだけでしっかりと習得できたものなんてありませんでした。まぁ学部生なんてそんなものなのかもしれませんが、真面目に勉学に励んだ学生ならそんなことにはなりません。結局のところ自分は口ばっかりで、実行に移して結果にそれを反映させることができなかったんだなぁと。要するに甘え。人生舐めすぎてました、はい。

就活しようと考えたときもありました。仕事をすることの楽しみを少しづつだけど感じつつ、社会に貢献しようがしまいが、仕事は自分の糧になるのだからと。社畜の素質が十二分にあるので、少しくらい奴隷扱いされたとしてもそこに楽しみを見つけて頑張ることができる。だから就活しよう、とは思ったけど結局はしなかった。4年の夏から就活を始める自分に嫌気が刺したから。

進学も考えました。けど、本当に自分は研究がしたいのか、とすごく悩みました。卒論の出来は最低で、なんとか書き上げることが出来たとは言え、まるで高校生がまとめたようなダメな論文になりました。完全に舐めてました。早い段階から手を付けていたにも関わらず、直前まで本格的に書き始めませんでした。結果がこれ。たくさんお世話になった担当教授にも非常に申し訳ない。

とは言いつつも、それは自虐であり弱音であって、本心は結構頑張ったと思い込んでいるのも事実です。どうしても素直にそれを認められないので、不安やストレスを表面化させてますが実際はそうでもないです。でも、自分に甘えていたのもまた事実で、人一倍努力してきたのかと言われると自信を持ってYESと答えられません。なんだかなぁ。

4月からどうしよう。もう何もかも投げ捨てて消えてしまいたい。あぁ、人生オワタってのはこういうときに使う言葉だったんだなぁ。とりあえず、今は何も考える気力がない。