読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

約15年ぶりに歯医者に行ってきた

雑記

僕は永久歯32本全てが残っているという、いわゆるGJな歯を持っています(若干出っ歯ですが)。もちろん虫歯無し。両親含め、僕の家系は頑丈な歯を持っています。そんな感じですから「歯医者怖い」というものがいまいち理解できないわけです。子どもの頃に1回ほど歯医者に行って、スパルタおばちゃんに怒られながら歯磨きの仕方を指導されたことがあって、そういうのが怖いのかなぁと思っていたほどです。

それ以来、1度も行ったことなかったのですが、さすがに歯医者に行かないと歯石やらが溜まってアレになるので、先日15年ぶりくらいに行ってきました。歯医者は予約してもかなり待たなければならない、と聞いていたけど即日おkで、次の通院も翌日でした。藪医者だから人気無いのか、といろいろ悩みましたが調べてみると近所からは評判良いらしい。よくわからん、田舎だからかしら。

んで、歯科医のお爺ちゃんから「おぉ、全部揃ってますね。歯茎の様子も悪くないし、これからも大切にしてください」とか言われる始末。まじか、そんなにすごいのか。びっくり。ちょっと虫歯になりそうな歯があったけど、自然治癒(というといろいろ指摘があるけど)みたいなものでちょっと治療すれば修復可能っぽい。歯ってすげぇ。

歯医者のイメージはやはり怖いというものがあるようで、かなり症状が悪化しているにも関わらず放置してしまう患者さんも多いとか。あと、なんとなく後回しにしがちっていうのもあるらしい。気持ちはわからなくもない。実際、僕だって15年間放置していたわけだし。

目の悪さ、髪の毛の薄さ、低身長デブなどなど、僕には外見的ダメダメな点がたくさんあるので、歯だけは大切にしていかなきゃなと改めて思ったのでございました。