読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VMware vCenter Converter Standaloneを使って物理サーバをP2Vする

サーバ

こんばんわ、わたしでした。

ひょんなことから物理サーバをESXiに移設することになったのでその備忘録。P2V(Physical to Virtual)ですね。なんてことはない、さすがVMさん素晴らしく楽なツールを開発してくださいました、と。

今回は以下の様な構成でやってみます。

  • 物理:CentOS6(10.27.10.102)
  • 仮想:ESXi 5.5(10.27.20.100)

公式サイトよりダウンロードします。当然ですがログイン必須です。インストールは適当にエンターキー連打してたら終わります。

※事前準備として、物理サーバと仮想サーバは電源をONにしておきます。また、物理側ではなるたけサービスを停止しておきましょう。まぁ大抵はなんとかなりますが念のため。あと、rootのSSHログインは許可しときましょう。

インストールが終わったらexeを光の速さでダブルクリックします。すると以下のような画面が立ち上がってくるので、左上にある「Convert machine」をクリックします。

f:id:tydk27:20150925204321j:plain

すると、何やらダイアログがあがってきますが、臆することはありません。「君がコンバートしたいソースシステムを選ぶのだ」と言われているだけです。

source typeは「Powered-on machine」を選び(デフォルトです)、「A remote machine」のラジオボタンを選んでIPやらrootのパスワードを入力し、OS FamilyはLinuxを選択。Nextすると、セキュリティワーニングで怒られますが安定のスルーでいいと思います。

f:id:tydk27:20150925204322j:plain

次は移設先のESXiホスト情報を入力し、Nextします。

f:id:tydk27:20150925204323j:plain

ESXi上のゲスト情報が表示されます、がそいつはどうでもいいのでゲスト名を「Name」の箇所に入力し、Nextします。

f:id:tydk27:20150925204324j:plain

適当に立てた仮想サーバなら、下の画像のようにlocalhostなんちゃら、と見慣れたアレになっていると思います。こいつが移設先になりますので、選択してNextします。

f:id:tydk27:20150925204325j:plain

なにやらゴチャゴチャになっていますが、各種設定を変更していきます。お好みでどうぞ。

ただし、「Helper VM network configuration」は必ず設定してください。仮のIP、みたいなものなので設定していないとP2Vに失敗します。仮なので、移設完了後のゲストサーバのifcfg-eth0やらの設定が書き換わるわけではありません。

終わったらNext。

f:id:tydk27:20150925204326j:plain

サマリー。問題なければNex、Finishします。

f:id:tydk27:20150925204327j:plain

元の画面に戻って、バーを眺めていれば終わります。私の環境では数分で終了しました。あっという間。お湯を沸かしてカップ麺に注いでたら終わってました。

f:id:tydk27:20150925204328j:plain

うーん、素敵やん。楽すぎて鼻毛出る、おっ、鼻毛カッターの出番かな?