映画

『おとなのけんか』を観てみたよ!

自分たちの子どものけんかの調停をするために揃った2組の夫婦が、話し合いを進めるに連れて険悪なムードに陥っていき、大人のけんかに発展していくという物語。出演者はそれぞれの夫婦の4人のみ、舞台もけんかの加害者になった子どもの夫婦の家だけ。制作費…

『パーフェクト・センス』を観てみたよ!

恋は盲目、とはよく言ったものです。恋をすると相手の悪いところなどを見れなくなる。どんなことに関しても目を瞑り、批判的な判断ができなくなる。大体どんな人も経験したことのあるものだと思います。『パーフェクト・センス』は未知の病気によって五感が…

『シモンの空』を観てみたよ!

第62回ベルリン国際映画祭銀熊賞特別賞受賞作品。第85回アカデミー賞外国語映画賞スイス候補作品。日本劇場未公開。高級スキーリゾート地で観光客を狙った金品強盗をする12歳の弟と、それに依存して仕事もせずに男と遊んでばかりいる姉。その2人の奇妙な関係…

『映画 けいおん!』の人気と現代の社会状況の相関関係について

ようやくBDを友人から借りることができたので観てみた。ありがとう!T君!まず最初にアニメーションとしての観点から述べると、さすがとしか言いようがない。ディティールもしっかりと作り込まれていて、ロンドンの街並みも自分自身の体験と重ねていろいろ思…

『リトル・ヴォイス』を観てみたよ!

Dlifeより。1998年のイギリス映画です。ミュージカルが原作となっているのでミュージカル映画?と思われるけど、そこまでミュージカル臭を感じるものではありませんでした。主演のジェーン・ホロックスは近年はアニメ映画で声優として演じることが多いようで…

『探偵はBARにいる』を観てみたよ!

寄生虫 帰省中なので、子供の頃からいつも行っていたレンタルショップで借りてきたDVD。配役がすごく合っていて(松田龍平は…)、特に主演の大泉洋には心底惚れました。BARでウイスキーを飲み、缶ピースを吸うその姿はハードボイルドそのものなのですが、そ…

『リアル・スティール』を観てみたよ!

久々に新宿ピカデリーにて。互いを他人同然と扱う父と子が、ロボットを通して絆を深めていく家族愛を描いたハートフル映画。と思うが、個人的にはこの映画は「定番化されつつあるロボット批判」「スポーツとしてのボクシング評価」という面が見えてきた。 ロ…

『告白』を観てみたよ!

旧作。2010年度の邦画興行収入において第7位という大ヒット作品。今更感がありまくりだけど気にしない。アイドルや名前だけのタレントを起用した邦画が多い中、こういう作品を天邪鬼な僕が面白いと思わないわけがない。スローモーション等の映像表現を映し出…

『ツーリスト』を観てみたよ!

旧作。アンジェリーナ・ジョリーということで期待すると痛い目に合います。そういうのを無視して、ミステリーや謎解き映画として観ると面白くなるのではないのかなぁと。僕自身、映画を観る前はなるべく予告等を観ませんし、「この役者はこういう映画が似合…

『トイレット』を観てみたよ!

旧作。とても面白かったです!荻上直子監督作品はまだ『かもめ食堂』しか観たことなかったけど、改めて監督の作る空気感に感動する。台詞が一言しかなかったもたいまさこは、しかしその独特の雰囲気が映像を通じてこっちにまで伝わってくるようでした。いや…

『ハンナ』を観てみたよ!

半年以上ぶりの新作映画鑑賞。新宿ピカデリーにて。森の中で暗殺者として父に育てられた16歳の美少女ハンナの姿を描いた作品。アクションシーンは迫力があってハラハラドキドキで、なかなかに見ごたえありでした。ハンナは外の世界に出たがります。興味本位…

『バベル』を観てみたよ!

旧作。菊地凛子がアカデミー助演女優賞にノミネートされた作品としても話題になった作品です。バベルの塔。それが、世界にバラバラの言語を与える結果となった。と、旧約聖書には描かれています。この作品は、そうした「言葉」や「心」がすれ違う人間社会を…

『ヒア アフター』を観てみたよ!

新宿にて。クリント・イーストウッド監督の新作。面白かったです、面白かったんです、後半は少し涙が出たりもしたんです。でもなんだろう、この感じは。僕は大抵、EDのスタッフロールが流れてる時に、暗い映画館の中で「いやぁ、あのシーンはたまらなかった…

『ソーシャル・ネットワーク』を観てみたよ!

八王子にて。今回は残念ながら日本語吹き替え版で…。序盤はプログラミングの専門用語も多く、且つ早口吹き替えなのでちょっと観にくい感じがしました。これは字幕のほうが絶対に良いと思う。まぁ久々の吹き替えだったし、ちょっと驚いただけなのかもしれませ…

『しあわせの隠れ場所』を観てみたよ!

新宿ピカデリーで観てきました。面白かったです!いかにもハズレっぽい邦題ですが大当たり。サンドラ・ブロックの親バカのような母親らしい温かさを込めた演技が素晴らしかった。で、これがまた実話を元にしている作品だからすごくリアリティがあったし感動…

『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』を観てみたよ!

新宿ピカデリーで観てきました。現代ファンタジー映画。ハリー・ポッターやロード・オブ・ザ・リング的なものを期待して観に行ったのですが、少し期待はずれ。現代的なファンタジー映画というのはあまり観ない気がしたのでそのせいかも。あ、でも後半にある…

『恋するベーカリー』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。ラブコメ映画。離婚した夫に再開し再び心惹かれるも、一方で家の増築の設計をお願いした建築家にも心惹かれていた、そんな三角関係の恋物語です。メリル・ストリープの熟女っぷりがたまりません。そしてアレック・ボールドウィン…

『パレード』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。行定勲監督新作。都内のとあるアパートの1室にて共同生活をおこなう5人の男女の物語です。最初、この俳優陣はどうなんだろう、と少し期待せずに映画館に足を運んだのですが、全くの杞憂でした。貫地谷しほりのほんわかした役柄も…

『インビクタス 負けざる者たち』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。クリント・イーストウッド新作、とても面白かったです!南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラの半生と、そして1995年に南アフリカで開催されたラグビーワールドカップにおける実際の物語。後半はずっと感動しっぱなしで不…

『涼宮ハルヒの消失』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。評判通りの素晴らしい出来で感動しました。非の打ち所がありません。といっても、それは僕が以前からハルヒシリーズが好きだから、というのもあるので万人受けする、ということではないとは思います。テレビシリーズの予備知識が…

『かいじゅうたちのいるところ』を観てみたよ!

新宿ピカデリーで観てきました。母親と喧嘩して家を飛び出した少年が、かいじゅうたちの住むとある不思議な島に辿り着くというファンタジー物語。絵本が原作ということで内容は基本的に子供向けなのでしょうが、大人でも十二分にいろいろと考えさせられる映…

『食堂かたつむり』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。声を失った柴咲コウが田舎の故郷で食堂を営み、そこで出された料理を食べた人々に不思議な奇跡が起き、その人の願いを叶えてしまうという物語。柴咲コウの演じるキャラは、あまり容姿には気を使わないで頬にはソバカスができてい…

『ラブリーボーン』を観てみたよ!

新宿ピカデリーで観てきました。死後の世界の不思議さをうまく映像化していると思いました。監督のピーター・ジャクソンはあの『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの監督で、こうしたファンタジックな映像を生み出すのが上手いのだなぁと思いました。14歳…

『ユキとニナ』を観てみたよ!

恵比寿ガーデンシネマで観てきました。とても優しい映画。一つ一つのカットが長く、長回しが多用されている映画です。普通ならカットされているようなシーンでもカメラはずっと定点のまま回ってて、登場人物の何気ない仕草とかセリフとかがとても印象的に残…

『サロゲート』を観てみたよ!

新宿ピカデリーで観てきました。サロゲートと呼ばれる、自分の脳と一体化した身代わりロボットに生活全般を任せているという社会を描く近未来物語です。ロボットが自分の思考で行動するというものではなく、あくまでも人間、操作者がいるというところが味噌…

『(500)日のサマー』を観てみたよ!

渋谷シネクイントで観てきました。とても面白かった!終始ニヤニヤしてて、平日の夕方だってのにお客さんいっぱいの映画館の中で僕はとても気味悪い存在になってたと思います。でもそれだけ僕の心に強く訴えてくるというか、主人公の格好悪さについつい自分…

『グラン・トリノ』を観てみたよ!

素晴らしいの一言!俳優クリント・イーストウッドとしては最後の作品、その有終の美をしっかりとかざることができたのではないでしょうか。演技も文句なし、頑固な元米軍兵士の役に成り切ってた。作品の脚本、台詞回しも面白い。汚い言葉も彼にかかればカッ…

『マイマイ新子と千年の魔法』を観てみたよ!

まだ公開が続く地元山口にて。舞台は僕の母校のある地域、原作者は母校のOB。ということでこれは観なければ!と思っていたら、いつの間にか東京での上映は終了していました。阿佐ヶ谷でレイトショーが決定したりするも、満員御礼でなかなか観ることはできな…

『アバター』を観てみたよ!

あけましておめでとうございます。今年は留学とか予定しているので、少しはこのブログの意義も・・・ということで、新年早々元旦から映画を観てきました。地元にて。面白かったです!構想14年、製作4年というだけあって見応えは十分にありました。3Dではなく…

『カールじいさんの空飛ぶ家』を観てみたよ!

新宿にて。さすがピクサーといった感じでとても楽しく観れました。多くの人に評価されている、カールじいさんの半生をBGMだけで表現しているシーンは素晴らしいものがありました。なんというか幸せになれる。夫婦が話していることは観ている僕たちにはわかり…