読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 6.7にComposerをインストールする

PHP

開発用サーバのCentOS 6.7にComposerをインストールしたときの覚書。なお、数カ月前まで「Composer?なにそれ?PEARではダメなのん?」とか言っていましたが、いやはや、自分の情弱っぷりに頭が痛いですね。

yumで取得できるPHPはバージョンが5.3なので、まずは5.6をインストールする。

sudo rpm -Uvh http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
sudo rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
sudo yum install --enablerepo=remi --enablerepo=remi-php56 php php-opcache php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysqlnd php-phpunit-PHPUnit php-pecl-xdebug php-pecl-xhprof

公式からComposerをダウンロードして、/usr/local/bin配下に移動させる。

curl -sS https://getcomposer.org/installer | php
sudo mv composer.phar /usr/local/bin/composer

GitHubのAPIアクセス制限対策として、Personal access tokensを取得してコンフィグに紐付ける。

composer config -g github-oauth.github.com [Personal access tokens]