読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『恋するベーカリー』を観てみたよ!

新宿バルト9で観てきました。ラブコメ映画。離婚した夫に再開し再び心惹かれるも、一方で家の増築の設計をお願いした建築家にも心惹かれていた、そんな三角関係の恋物語です。メリル・ストリープの熟女っぷりがたまりません。そしてアレック・ボールドウィンのコミカルな役柄も実に良かったです。歳を重ねた者同士の恋愛というのは新鮮さがあって、面白いものですね。

メリル・ストリープは、離婚した元夫との恋愛に罪悪感をもちます。もちろん、子どもたちにはそんなことを言えるわけもありません。キリスト教が多数派であるアメリカですから、一般的に離婚は罪だと考えられています。まぁそうはいっても離婚者数は年々増加していて、それと同時に聖書の解釈も変わりつつ、今では離婚に対する否定的な意見も少なくなってきたと言われますが。それでもメリル・ストリープが演じるキャラのように離婚を罪だと考えている人もいるわけです。

離婚したといっても数年を共に過ごしてきた仲、となるとやっぱり何かが芽生えちゃってるのかなぁとか思ったりしました。それにしても、この邦題はないんじゃないの?そんなにパンは重要なあれじゃなかったし。